ロケ地マップ

長野県 木曽町

夢の中。

寅さん地蔵からオーバーラップし、縁側で昼寝している寅さん。

 

木曽路の宮ノ越宿にある徳音寺。

 

ここは長く不明ロケ地だったが、3度目の現地での探索でついに見つけることができた思い入れの強い場所だ。

 

木曽郡木曽町日義124−1

2014年5月訪問

 

住職から起こされる寅さん。

 

本編にこの後出てくる妙覚寺と構図が酷似しているためそのよう考えられてきたが実は全く違う場所だった。

発見までのレポートはブログを参照してください。ブログ

 

縁側の向こうにお堂がある。

お賽銭箱もあるが、本編に出てくるものと異なるので山田組の持込みだと推測される。

 

 

「あ!あ!100円玉入れちゃった!和尚さん!100玉入れちゃったんだけど、お釣りくれないかな、お釣り!」

賽銭箱をひっくり返す寅さん。

 

山門との位置関係といい、構図が妙覚寺に似ている。

ちびとらの左側にほんの少しだけ映っているのが木曽義仲の像。本編にこれが映れば、もっと早く見つかったことだったが。

 

静岡県島田市

木造の長い橋を渡る寅さん。

 

大井川にかかる蓬莱橋の俯瞰。

 

今回再訪問し、かなり近いアングルが撮れる場所を発見した。

ロケ当時より蓬莱橋南側の丘の木々が成長し本編通りの撮影は困難。

 

静岡県島田市南2丁目地先

2016年7月訪問

 

【参考写真】

 

本編アングルとは全く逆方向からになるが、参考画像として紹介する。

 

蓬莱の島台からの撮影。

 

 

 

 

 

 

 

蓬莱橋を歩く寅さんの足元。

 

大井川とともに金谷方向を映している。

 

これまでに何度となく台風による増水などで橋脚が流失して、通行不能になっている。

そのたびに改修工事が行われてきた。

 

本編に出てくる切れ目はなく、風景との対比でおおよその位置で撮影した。

 

 

左側の島田市街方向から蓬莱橋を渡る寅さん。

手前右側から歩いてくる旅の雲水。

 

対岸に渡り切ると右側に小さな祠がある。

その横から撮影した。

 

本編アングルに比較的近いが、実際には高羽カメラは川岸に下りて撮影したものと思われる。

 

静岡県島田市南2-22-14

2016年7月訪問

 

「あなた、お顔に女難の相が出ております」

「分かっております。物心ついてこのかた、そのことで苦しみぬいております」

 

寅さんと旅の雲水が会話して別れる。

 

初回訪問時は観光客が多く、自重したアングルに今回トライした。

 

静岡県島田市南2-22-14

2016年7月訪問

 

旅の雲水と話した後、歩き始める寅さん。

 

島田市の大井川にかかる木造の蓬莱橋。

全長は897.422m。

 

寅さんは、この後登場するバイをする神社とは逆方向に歩いていく。

本編アングルでの撮影は橋から乗り出して行う必要があるため自重した。

 

静岡県島田市南2-22-14

2013年3月訪問

 

祭の参加者が鳥居をくぐる。

 

蓬莱橋からもほど近い大井川沿いにある伊太大井神社。

大井神社は周辺にいくつかあるので訪問時には注意が必要。

 

静岡県島田市伊太1787

2013年3月訪問

 

 

 

境内に啖呵バイの威勢の良い声を響貸せる寅さん。

 

ちびとらが立っているあたりで寅さんがバイをしていた。

 

静岡県島田市伊太1787

2013年3月訪問

 

 

「どう?ちょっとこの辺、気分が良くない?」

「このおばあちゃん、美人だね~」

電子バンドのバイをする寅さん。

 

こちらは2度目の訪問時の写真。

夏だったので、木々が成長して、本編のように寅さんのバックの風景は良く見えなかった。

 

静岡県島田市伊太1787

2016年7月訪問

 

 

塩郷ダム

 

弁当を食べて空箱を手に建物から出てくる寅さん。

 

塩郷ダムの脇にある中部電力の施設。

 

寅さんはお邪魔して弁当を食べさせてもらったようだ。

 

ロケ地保存度☆☆☆☆

静岡県榛原郡川根本町下泉1883

2013年3月訪問

 

 

ダムの上に立つ女性を見つける寅さん。

「女難の相か…」

 

とはいってもほっとけないのが寅さんだ。

ちびとらも寅さん同様にのぞきこんでみた。

 

ダムの上のこの道路は車両が通行でき、しかも相互通行のようだ。

そのためかロケ当時にはなかった大きな譲り合いを推奨する看板が目立つ。

 

 

おざわ屋食堂

 

瞳といっしょにおざわ屋から出てくる寅さん。

 

手前に車が停まっていたので、おざわ屋が見えづらい写真になってしまった。

 

おざわ屋の手前のガレージはロケ当時のまま。

 

ロケ地保存度☆☆☆

静岡県榛原郡川根本町千頭989-3

2013年3月訪問

 

 

千頭大橋

 

瞳と別れた寅さんがバスの座席に着く。

大きな橋を渡るバスの車窓。

 

千頭にある大井川にかかる川根大橋。

 

ロケ地保存度☆☆☆☆

静岡県榛原郡川根本町東藤川702付近

2013年3月訪問

塩郷駅

駅舎を出ていく寅さん。

寅さんの年賀状読みのナレーションバック。

 

大井川鉄道の塩郷駅。

 

弁当を食べた塩郷ダムのそばに寅さんは正月、再びやってきたのだ。

木造の駅舎は建て替えられた。

 

ロケ地保存度☆☆☆

静岡県榛原郡川根本町下泉

2013年3月訪問

 

ホームへ歩いていく寅さん。

SLがホームに入線してくる。

 

塩郷駅はホームも改築された。

線路とホームの位置関係もロケ当時と異なり、本編と同じ構図での撮影ができなかった。

 

ロケ地保存度☆☆

静岡県榛原郡川根本町下泉

2013年3月訪問

 

県道77号線から塩郷駅を撮影した画像。

 

 

大和田

 

SLが走る。

左側には干し柿がかけられている家。

 

大和田駅からほど近い線路脇で撮影。

 

干し柿の家はなくなっていたが、線路や手前の小さな橋、右側の家などはそのままだった。

 

ロケ地保存度☆☆☆

静岡県島田市川根町家山1500付近

2013年3月訪問

 

再訪した際に、SLの通過を狙って撮影。

 

左側の干し柿のあった家も入れ込んで撮影した。

 

ロケ地保存度☆☆☆

静岡県島田市川根町家山1500付近

2016年7月訪問

【動画】 大和田 干し柿のある家の脇を走るSL 2016年7月撮影 大井川鉄道

下泉

ラストシーン。

茶畑の中をSLが煙を噴き上げ勢いよく走っていく。

 

シリーズ屈指のラストシーンの一つ、第22作を締めくくったのは大井川鉄道の下泉付近。

 

SLが走る瞬間を狙って撮影した。

 

ロケ地保存度☆☆☆☆

静岡県榛原郡川根本町下泉1400付近

2013年3月訪問

【動画】 下泉 ラストシーン 茶畑を走るSL 2016年7月撮影 大井川鉄道

What's New

更新 第27作ロケ地の旅を更新しました。

寅さんを乗せた連絡船がいく瀬戸内海をアップ

通天閣そばの路地、生駒ケーブル俯瞰などもアップ

第21作~24作ロケ地の旅は後日更新します。

リンク

ニッポンの魅力を再発見!NIPPON NOW ちびとらが連載をさせていただいている日本の魅力を伝えるサイト

「男はつらいよ」飛耳長目録

関東のロケ地回りの寅友・寅福さんのサイト

 

小手寅の地方ロケ突撃隊 17作のロケ地・龍野に暮らし関西のロケ地を中心に回る寅友・小手寅さんのサイト(※2022年3月末日で閉鎖されました)