那須烏山 大桶

 

オープニング。

田園地帯の民家。花嫁行列を待つ人々。

 

那須烏山の大桶地区の民家で撮影された。

 

ロケ地保存度☆☆☆☆

栃木県那須烏山市大桶1798付近

2013年8月訪問

 

花嫁が出てくると近所の人たちが祝福する。

 

ロケ地保存度☆☆☆☆

栃木県那須烏山市大桶1798付近

2013年8月訪問

 

 

 

 

「お嫁さん、きれいだよ」

花嫁に声をかける寅さん。

 

右側の建物に立てかけてあった材木は現在、横にして置かれている。

 

ロケ地保存度☆☆☆☆

栃木県那須烏山市大桶1798付近

 

2013年8月訪問

「御一統さんもおめでとうございます。お天気も良くて何よりです」

花嫁の父親、花嫁行列にお祝いの言葉を伝える寅さん。

 

寅さんとポンシュウがいたバス停は山田組が作ったものだそうだ。一体、2人はどこに行っていたのか不思議だが…。

 

ロケ地保存度☆☆☆☆

栃木県那須烏山市大桶1798付近

2013年8月訪問

 

 

ポンシュウと言い合いになってバス停の椅子から突き飛ばす寅さん。

 

ポンシュウは競馬か競輪の新聞を読んでいて予想をしていたようだ。宇都宮には競馬場(現在廃止)と競輪場がある。

 

 

ロケ地保存度☆☆☆☆

栃木県那須烏山市大桶1798付近

2013年8月訪問

 

那須烏山

 

バイの準備をする寅さん。

 

那須烏山の中央交差点。

 

右側の会社アラマンが目印だが、左側の化粧品の看板の店舗は建物がなくなり駐車場になっていた。

 

ロケ地保存度☆☆☆

栃木県那須烏山市中央1-11-18

2013年8月訪問

東京駅

満男が東京駅から列車に乗り込む際の発車案内板。


当時のブルートレインは21時発だったが、後継のサンライズ瀬戸は22時発。


ロケ地保存度☆

東京都千代田区丸の内1

2008年8月訪問

志々島

満男が漁から「琴島」に帰ってきた。

 

琴島は架空の島で、志々島、高見島でロケが行われた。

大きく分けて、島の景色、海沿いは志々島で、島内、葉子の暮らす家などは高見島でロケされた。

 

ロケ地保存度☆☆☆☆

香川県三豊市詫間町 

2008年8月訪問

満男が漁から帰ってきた港。

 

画像は高羽アングルより少しヒキになっている。

東京の喧騒との対比で時間がゆっくりと経過する瀬戸内海の島を描く一連のシーン、BGMが続く。

 

ロケ地保存度☆☆☆☆

香川県三豊市詫間町 

2008年8月訪問

「お巡りさん。この島に泥棒はいないかね?」


島にやってきた寅さんが駐在さんに声をかけ、かばんをベンチに置いていく。

左側の家はなくなっている。

 

ロケ地保存度☆☆☆

香川県三豊市詫間町 

2008年8月訪問

寅さんが満男を探して歩いてくる。

 

寅さんの予想通り、歩けばすぐに満男は見つかった。

海岸線で亜矢と歩いていたのだ。

 

ロケ地保存度☆☆☆☆☆

香川県三豊市詫間町 

2008年8月訪問

 

高見島

「どれだけ歩かせんだ?オレのことを」

 

46作の名シーン。この後、葉子と遭遇する。

現場を訪れれば、渥美さんにとって相当過酷なロケであったことが分かる。

 

ロケ地保存度☆☆☆☆☆

香川県仲多度郡多度津町 

2008年8月訪問

 

志々島

島の人々が寅さんの噂の井戸端会議をしていた。

 

右側の家はかつては店だったのだろう。

 

ロケ地保存度☆☆☆☆☆

香川県三豊市詫間町 

2008年8月訪問

 

 

高見島

「戻りましょう」

 

船が欠航になり葉子と手をつないで家に入っていく寅さん。

葉子の暮らす家は既に取り壊されてなくなっているが、石垣や石段が当時の面影を残す。

 

ロケ地保存度☆

香川県仲多度郡多度津町 

2008年8月訪問

 

 

志々島

満男と亜矢がお昼ご飯をいっしょに食べる約束をする琴島診療所。

 

左側の診療所となっていた建物の窓から亜矢が顔を出していた。

 

ロケ地保存度☆☆☆☆

香川県三豊市詫間町 

2008年8月訪問

満男と亜矢がデートしていた利益院の石段。

 

ここに弁当を置いたまま2人はだいぶ下まで追いかけっこをする。取りに戻るのが大変だ。

 

ロケ地保存度☆☆☆☆☆

香川県三豊市詫間町 

2008年8月訪問

満男が亜矢を追いかけた畑の脇の道。

 

人口減と高齢化の影響か、島全体の建物が人の手が入らず老朽化している。

(※高羽アングルではありません)

 

ロケ地保存度☆☆☆

香川県三豊市詫間町 

2008年8月訪問

 

満男と亜矢の別れの桟橋。

 

琴島のラストシーンは、大雨で不鮮明な画像となってしまった。

目に涙をためた満男の目から見た桟橋ということにしよう。

 

ロケ地保存度☆☆☆☆☆

香川県三豊市詫間町 

2008年8月訪問

八栗寺参道

寅さんはさくらに電話した。

 

このシーン、電話を終えて寅さんが歩き出すシーンが素晴らしい。

東京に帰った満男、その母親であるさくらと電話で話した寅さんとの距離がワンカットでにじみ出ている。 

 

ロケ地保存度☆☆☆☆

香川県高松市牟礼町牟礼3366付近  

2008年8月訪問

富丘八幡神社

寅さんは犬のぬいぐるみのバイをしていたところ亜矢と再会する。

 

普段はひっそりと静かな神社だと思う。

寅さんがバイをしていたところから、長い石段を上ると素晴らしい眺めを堪能できる。

 

ロケ地保存度☆☆☆☆☆

香川県小豆郡土庄町淵崎 

2008年8月訪問

 

 

ラストカットは長い石段の最上部付近から。

 

ロケ地保存度☆☆☆☆☆

香川県小豆郡土庄町淵崎  

2008年8月訪問

What's New

リンク

ニッポンの魅力を再発見!NIPPON NOW ちびとらが連載をさせていただいている日本の魅力を伝えるサイト

「男はつらいよ」飛耳長目録

関東のロケ地回りの寅友・寅福さんのサイト

 

小手寅の地方ロケ突撃隊 17作のロケ地・龍野に暮らし関西のロケ地を中心に回る寅友・小手寅さんのサイト