第44作 ロケ地マップ

岐阜県 落合川駅

 

きっぷ入れに切符を入れる寅さん。

 

中央西線の落合川駅。

 

きっぷ入れは無かった。

向こう側の家も無くなっているので、木曽川が見えるようになっている。

 

岐阜県中津川市落合

2012年8月訪問

 

落合川駅の看板の前で駅前を見る寅さん。

バスが通り過ぎる。

 

実はこの付近は、21年前(第3作)でも映っている。

寅さんが宿で風邪をひいて寝込んでいた第3作の冒頭のシーンの直前にSLが走るシーンがまさにこの落合川駅のすぐそばなのだ。

 

「おいバス来た!早く来い!」

「おい、ポンシュウ!酔っ払ってんじゃねえ」一升瓶を持って酔っ払っているポンシュウを呼ぶ寅さん。

バスは2人を置いて発進してしまう。

 

貸しボートなどをやっている左側にあった土産屋は無くなっている。

 

岐阜県 中津川市

 

船着き場に船が停泊している。

 

岐阜県中津川市瀬戸980付近

2012年8月訪問 

 

 

 

奇岩・怪石の奥恵那峡下り、船のりば。

ポンシュウが慌てて船に乗ろうとしている。

 

休止のお知らせの看板があり、既に船下りは運航していなかった。

ただ、小屋はロケ当時のまま残っていた。

 

ここは寅さんとポンシュウが降り立った落合川駅よりも一つ南側の中津川駅の方が近い。

寅さんたちは歩いてきたのだろうか?

 

 

柵をくぐってポンシュウを追いかける寅さん。

 

既に柵などは撤去されていた。

看板によると、船下りは水不足と土石流で運行できなくなったそうだ。

 

船が出発する。

ポンシュウが呼び止める。

上の小屋の方にいる寅さん。

 

写真に映っているのがポンシュウが立っていた岩だと思われる。

 

 

ポンシュウが船が行ってしまい、がっかりしていると近くに小さな船が停まっているので乗せてもらえるよう頼んでいる。

 

見えているのが、1978年に廃線となった北恵那鉄道の木曽川橋梁。

その奥は玉蔵橋。

 

乗船場の小屋から下りてくる寅さん。

 

川岸から小屋は木々が生い茂って見えなくなっていた。

鳥取県 鳥取市

鳥取の風景。

 

突き当りの鳥取県庁から手前側にある(本編に鳥取駅行きバスも映る)鳥取駅に走る53号線の若狭橋付近での撮影。

 

この前の俯瞰もこのあたりを手前にして映している。左側一番手前が本編で赤い看板がビルの上に立っている建物。

 

鳥取県鳥取市戎町413付近

2013年5月訪問

 

子どもが川岸で川に落ちたボールを取ろうとしている。

 

鳥取しゃんしゃん祭りが行われている。

この祭りは毎年8月中旬に開催されているので、ロケ用に一部を再現したのではないかと思う。 

 

鳥取県鳥取市栄町107

2013年5月訪問

 

「やけのやんぱち日焼けのなすび…」

バイをしている寅さん。

 

橋が若狭橋。

クスリの書かれているのが本編で鳥取の俯瞰カットで映る吉田一陽堂薬局。

カメラは河原の子どもたちからズームバックしている。

写真の川の対岸に子どもたちがいた階段下あたりが映っている。

 

「誰も客がいねえじゃねえか」

サクラ役のサブが誰もお客さんがいない時に演技をしているので叱る寅さん。

 

寅さんがバイをしていたのは若狭橋がかかる袋川の土手。

 

 

若狭橋のあたりを傘に取り付けられた鈴がしゃんしゃんと鳴るしゃんしゃん祭りの由来となった傘踊りが通過する。

 

 

「サブ。お前高校出たって言ったな」

「ちょっと手紙書け」

サブに手紙の代筆を頼む寅さん。

サブは漢字が書けず、葉書を取り上げる寅さん。

 

 

 

 

鳥取しゃんしゃん祭りの傘踊り。

 

若狭橋の北側から鳥取県庁側を映している。

愛知県 名古屋市

 

泉の母親が満男からの電話を受ける。

名古屋城。

 

及川家の前のこの風景だが、第42作で満男が訪ねて行ったマンションとは別の場所。

第42作のマンションはナゴヤ球場が見える場所だったので、それだけでも結構離れていることが分かる。

 

愛知県名古屋市西区城西

2021年12月訪問

鳥取県 倉吉市

 

幼稚園の子どもたちが散歩している。

泉がすれ違う。

 

打吹公園・北側の遊歩道。

 

鳥取県倉吉市仲ノ町3445−1付近

2013年5月訪問

 

泉が遊歩道を歩いていく。

 

 

 

泉が校庭で練習しているブラスバンドを見ている。

 

学校は成徳小学校。

プレハブの体育館らしき建物の屋根は塗り変わっているが同じ。校舎もロケ当時のまま。

演奏しているのは制服を着ているので、近くの高校生だろうか。

泉は高校生だった時のことを回想している。

 

ひろせやの看板。

街のおばあちゃんがシルバーカーを押して歩いている。

 

ひろせやの店舗が左側の家。

ロケ後、道路が横に新しくできた。

おばあちゃんのように歩くのには大通りを横切る必要ができた。

 

鳥取県倉吉市鍛冶町2−2841付近

2013年5月訪問

 

【参考】ひろせやの店内

 

ひろせやの看板は取り外されていたが、店内に置かれていた。

 

ひろせや鍛冶店は、刃物・すき・くわ・かまの製造をされている店舗。

泉が店内を見ているときにも製造中のシーンが映る。

 

泉がひろせやの店内を見ている。

 

ひろせやは閉まっていたので、店内には入れなかったので、店頭から撮影した。

 

向かい側の家は、2階の窓が増えたようだが、玄関や2階の格子などロケ当時のままだった。

 

 

泉が白壁土蔵の立ち並ぶ小さな橋を渡る。

 

このあたりは倉吉の街の導入シーンの俯瞰でも映っている。

蔵を生かした中野竹藝というお店の横。

 

ちなみに倉吉冒頭の俯瞰シーンは、ピンポイントでの撮影にはお店のあるビルに入らせてもらわなくてはいけないので困難だった。

 

鳥取県倉吉市東仲町2573

2013年5月訪問

 

泉が歩いている。

子どもたちが店(駄菓子・ふしみや商店)に走って入っていく。

 

駄菓子屋前の通りは、泉が歩いて行った方向で、カメラ側の後ろが白壁土蔵群がある。

右側は研屋町児童遊園。

 

鳥取県倉吉市新町1-2457付近

2013年5月訪問

 

泉が駄菓子屋・ふしみや商店の店内で買ったアンパンを食べる。

 

駄菓子屋の店内には入れなかったので、店頭から撮影した。

 

泉が鍋を持って豆腐を買いに行く。

店頭を掃除するふしみや商店のおばあさん。

 

ふしみや商店の店頭にはロケの時の写真が飾ってある。

泉がお地蔵様、川のある道を豆腐屋に向かう。

 

下の地蔵尊。

本編では、右側の川を子どもがのぞいているが、訪問時、鯉が泳いでいた。

ふしみや商店のおばあさんに場所を教えてもらった泉の様子だとお店から豆腐屋は近そうに思えるが、結構離れている。

ここは泉が通った鍛冶屋の方が近い。

 

鳥取県倉吉市河来見

2013年5月訪問

泉が食料品店で豆腐を買う。

野菜がたくさん並んでいる。

 

下の地蔵尊のすぐそば。

プレハブの倉庫がある空き地になっている所に豆腐も扱うお店があった。

 

ふしみや商店を出る時に泉がおばあさんに聞いて向かった方向とは逆の場所にある。

 

鳥取県倉吉市鍛冶町2-2876

2013年5月訪問

 

泉が川で遊んでいる子どもたちの脇を歩く。

 

泉のバックにあった小屋が今も残っている。

子どもたちが使っていた川に下りるはしごは当然無かったし、川沿いには柵ができていた。

 

この場所は、ふしみや商店を出て泉が向かった方向にある。

 

鳥取県倉吉市研屋町2490−5付近

2013年5月訪問

 

泉が川沿いの道を歩いている。

 

奥の橋の向こう側の建物は、ロケ当時のまま。

対岸の右側にあったパールはなくなっている。

 

「泉ちゃんか!」

行商の人と話して歩き出す寅さん。

泉に気づく。

 

鳥取県倉吉市研屋町2524

2013年5月訪問

 

泉が寅さんのもとへ走る。

橋の途中まで走る寅さん。

 

橋も整備されたし、川に下りる階段もできている。

 

「どうした?何があったんだ?」

「なんか悲しいことがあったんだな」

「よし、もう大丈夫だ。俺がいるからな」

泉が寅さんに抱きついて泣き出す。

買った豆腐が鍋ごと川に落ちる。

 

 

 

 

川で遊んでいた子どもたちが豆腐の入った鍋を見つける。

 

 

 

翌朝。

ふしみや商店のおばあさんの孫の車が走ってくる。

 

泉が歩いて渡った橋と同じ橋。

 

 

「それじゃな、おばあちゃん。また寄らしてもらうから」

ふしみや商店のおばあさんの孫が運転する車が寅さん、泉を乗せて出発する。

鳥取県 鳥取市

 

寅さん、泉を乗せた紙漉き職人のふしみや商店のおばあさんの孫が運転する車が走る車窓。

 

海岸線を走る9号線沿いの魚見台。

日本海を展望することができる。

 

確かに車は倉吉から鳥取砂丘に向かっている。

 

鳥取県鳥取市気高町八束水

2013年5月訪問

 

泉が「海!」といって喜ぶ海岸線の車窓。

 

青谷海岸。

これは倉吉から行くと、魚見台より手前なので、道順は戻ってしまっている。

 

鳥取県鳥取市青谷町青谷2561

2014年5月訪問

 

車が海岸線を走る。

 

浜村海岸。

気高中学校の前あたりで撮影。

 

鳥取県鳥取市気高町浜村784−51

2014年5月訪問

What's New

更新 第44作ロケ地の旅を更新しました。

鳥取砂丘のシーン以降は今しばらくお待ちください。

更新 第41作ロケ地の旅を更新しました。

宮城篇、オランダ篇前半、ウィーン篇序盤までUP

更新 第39作ロケ地の旅を更新しました。

オープニング、和歌山篇、奈良篇まで更新

三重篇、エンディングは近日アップします

更新 第37作ロケ地の旅を更新しました。

(最新・2022年GWの旅で回ったロケ地もあります。久しぶりに東京を出て旅をしました。)

更新 第36作ロケ地の旅を更新しました。

お問い合わせを何人かの方からいただいた中長旅館もアップしてあります。

更新 第35作ロケ地の旅を更新しました。

新発見 寅さんが墓を堀った中通島のロケ地

リンク

ニッポンの魅力を再発見!NIPPON NOW ちびとらが連載をさせていただいている日本の魅力を伝えるサイト

「男はつらいよ」飛耳長目録

関東のロケ地回りの寅友・寅福さんのサイト

 

小手寅の地方ロケ突撃隊 17作のロケ地・龍野に暮らし関西のロケ地を中心に回る寅友・小手寅さんのサイト(※2022年3月末日で閉鎖されました)