第45作 ロケ地マップ

宮崎県 宮崎市

 

夢から覚める寅さん。

 

青島の北側の海岸線。

 

木の形から寅さんが昼寝をしていた木を推察し、ちびとらは寅さんと同じように座ってみた。

 

宮崎県宮崎市青島2

2018年7月訪問

 

 

バイをしていて警察官に注意を受ける寅さん。

ポンシュウが警察官に1000円札を握らせる。

 

寅さんがバイをしていたのは、青島神社の鳥居の横。

 

 

 

 

バスガイドがツアー客を案内して、橋を渡ってくる。

 

青島の入口となる弥生橋。

 

青島側から映している。

宮崎県 日南市

 

宮崎県油津。

運河と石造りの橋。

 

堀川運河と堀川橋。

 

宮崎県日南市春日町1−7付近

2018年7月訪問

 

建物の隙間から見える運河をいく船。

 

手すりや柵の形状は変わったようだ。

建物や川向うの建物はロケ当時とほぼ変わらない。

 

宮崎県日南市西町1丁目1−6付近

2018年7月訪問

 

 

 

 

理髪店から出てくる親子。

後から出てくる女性店員(蝶子)。

 

手すりと柵のあった建物の左側が理髪店。

 

理髪店はすでに営業していなかった。

(ここが本当に理髪店だったのかは不明)

 

 

蝶子が堀川橋を渡る。

 

橋の向こう左側の家はロケ当時と変わっていないようだ。屋根は塗り替えられている。

 

蝶子が鳥居をバックに堀川橋を渡ってお店に入る。

店内で寅さんと遭遇する。

 

鳥居は吾平津神社。

寅さんと蝶子がいたお店は民家になっている。

 

宮崎県日南市油津1丁目1−5

2018年7月訪問

 

「お姉さん、その男、この俺じゃダメかな」

「そちらのお姉さんの分も取っといてくれ」

「まあいいさ。ちょいとだけ良い男ぶらせてくれよ」

いづや食堂で蝶子のため息を聞いて話しかけ、お代を払ってあげる寅さん。

 

店内はセットなのかと思ったが、堀川橋が見えているので実際にロケをしたようだ。

 

「あれ?まだ5千円残ってるとおもったんだけど。まいったな、こりゃ」

いづや食堂を出て、堀川橋の上で、財布の中身を見る寅さん。

 

寅さんは青島でバイをした後、ポンシュウと別れて南下。ここ油津へやって来た。

宮崎県 宮崎空港

 

泉がしのぶの結婚式に向かうため、全日空の飛行機で宮崎空港に到着する。

 

着陸時に滑走路脇で映るのが現在航空大学校となっている2つの格納庫だと思われる。

 

宮崎県宮崎市赤江

2018年7月訪問

 

MIYAZAKIの文字とターミナル。

 

滑走路から撮影できなかったので、デッキの文字を撮影。

現在は宮崎ブーゲンビリア空港という名称になっている。

宮崎県 都城市

 

立派な門構えの家。

いづみの結婚式が行われている嫁ぎ先。

 

築120年、島津藩の面影を残す前田邸は古民家レストラン・まえだとして営業している。

 

宮城県都城市山之口町山之口2895

2018年7月訪問

 

 

泉が結婚式に参列している。

 

泉が座っていたのは、ちびとらがいる位置の少し左側あたりと思われる。

窓の向こうの建物の見え方が一致する。

 

レストランの食事を予約して撮影させていただいた。

撮影は約5時間程度行われたそうだ。

 

 

踊りが披露され、参列者が盛りあがっている

様子を泉が見ている。

 

現在は襖が外されているが、泉とほぼ同じ位置に座ったちびとら、見ている大広間、柱などロケ当時のまま。

 

ロケが行われたこの部屋で、素晴らしい食事を楽しむことができるので、ぜひ予約して中に入ることをお勧めします。

 

 

新郎と新婦のしのぶが席に挨拶をして回っている。

 

奥に飾られている書物は本編にも映る。

 

女将さんにロケの時のお話も聞かせていただきました。

ありがとうございました。

 

泉が隣のおばあさんかどこから来たのか聞かれて、東京からだと答える。

 

泉は宮崎空港から内陸側の都城市へ。

宮崎県 日南市

 

結婚式の後、泉が移動する。

観光客は城に入っていく。

 

飫肥城の大手門。

この通りは大手門通り。

 

宮崎県日南市飫肥10-1−2

2018年7月訪問

 

観光客に続いて泉が大手門をくぐって飫肥城内に入る。

 

結婚式の後、泉は観光で飫肥城にやって来た。

寅さんがいる油津とは一気に近づいた。

 

 

 

記念撮影していた女性が「おじさん、押してください」と声をかけている。

曲がり角から現れる寅さん。

 

 

 

階段の上の寅さん、階段の下の泉がお互いに見合っている。

 

同じ宮崎県にいるので、1年前の鳥取・倉吉と同じように寅さんと泉がばったり遭遇するのは予想通り。

 

「なんだお嬢ちゃん、一人で観光か?」

「え~と、どなたでしたっけね?あ!思い出した!満男のガールフレンド!」

泉に声をかける寅さん。

「私を忘れたの?」と泉に言われ、名前も思い出す。

 

 

 

 

階段の上の蝶子、下りていった泉、2人を追いかけようとして、転んでしまう寅さん。

 

脇の石垣から寅さんが転んで座り込んだのはこの段だと思われる。

 

 

泉が救急車を呼ぶために電話をかけに階段を走っていく。

 

宮崎県 宮崎空港

 

寅さんが怪我したことを泉からの電話で聞き、宮崎空港に降り立った満男。

 

空港からバスで移動する車窓。

 

宮崎県宮崎市赤江

2018年7月訪問

宮崎県 串間市

 

満男、泉が海岸で遊んでいるのを見ている寅さんと蝶子。

 

石波海岸・幸せの浜。

 

この海岸は油津からだいぶ南下した所にある。

 

宮崎県串間市市木16

2018年7月訪問

宮崎県 日南市

 

バス停まで歩く寅さん、満男、泉。

 

贄波神社前。

石波海岸のそばにバス停があるかのように満男が言っていたが、寅さんたちは全く違う場所を歩いている。

 

宮崎県日南市南郷町贄波2895

2018年7月訪問

 

蝶子の車を見つける満男。

 

贄波神社の鳥居は赤く塗り替えられている。

木々で分かりづらいが、写真の右の方に鳥居がある。

What's New

更新 第45作ロケ地の旅を更新しました。

一部のみ更新しています。

更新 第41作ロケ地の旅を更新しました。

宮城篇、オランダ篇前半、ウィーン篇序盤までUP

更新 第39作ロケ地の旅を更新しました。

オープニング、和歌山篇、奈良篇まで更新

三重篇、エンディングは近日アップします

更新 第37作ロケ地の旅を更新しました。

(最新・2022年GWの旅で回ったロケ地もあります。久しぶりに東京を出て旅をしました。)

更新 第36作ロケ地の旅を更新しました。

お問い合わせを何人かの方からいただいた中長旅館もアップしてあります。

更新 第35作ロケ地の旅を更新しました。

新発見 寅さんが墓を堀った中通島のロケ地

リンク

ニッポンの魅力を再発見!NIPPON NOW ちびとらが連載をさせていただいている日本の魅力を伝えるサイト

「男はつらいよ」飛耳長目録

関東のロケ地回りの寅友・寅福さんのサイト

 

小手寅の地方ロケ突撃隊 17作のロケ地・龍野に暮らし関西のロケ地を中心に回る寅友・小手寅さんのサイト(※2022年3月末日で閉鎖されました)